フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 頑張るガソリンスタンド | トップページ | 来賓 »

2009年8月10日 (月)

Aクラスのトラブルと顛末

給油が終わってエンジンをかけようとしてもセルモーターが反応しません。何度トライしてもセルモーターの反応はありませんが電装類のLEDは点灯します。バッテリーのトラブルだと思いチェックしようとボンネットを開けてみました。
Sn3i0005A170のボンネットの中を見るのは初めてです。バッテリーを探しましたがどこにも見当たりません。

納車のときに説明をうけたことを思い出しました。

「Aクラスのバッテリーは運転席の下にあります」
探してみるとマットの下に蓋があってその中にバッテリーがありました。見ると「MADE IN ITALY」と書いてありました。

仕事があるので妻を呼んで一緒に対応することにしました。
Sn3i0008妻が損保のロードサービスを呼ぶかたわらガソリンスタンドに問題を解決するような道具がないか確認しました。
スタンドのスタッフはコーヒーショップのアルバイトさんしかいなくて、ブースターケーブルを含めて何もないという返事でしたのでロードサービスの到着を待ちました。
Sn3i0007 ロードサービスは30分程度で到着し、道具を使ってすぐにエンジンをかけてくれました。

その日も私がミニ、妻がAで出勤する予定でしたが、私がAで出勤して仕事の融通をつけてヤナセで修理してもらうことにしました。

7時過ぎにロードサービスにエンジンをかけてもらってから堺のヤナセに到着するまでエンジンを止めることができません。自宅で出勤の支度をする間と職場で仕事の段取りをつけている間、ずっとアイドリングの状態だったので気持ち悪かったです。
11時前にヤナセに着いてサービスの棟で症状を説明しました。「イタリア製のバッテリーよりも日本製がいいな」というと「純正しかないですがメルセデス・ケアが適応になるか確認しときます」と言ってくれました。
仕事の関係で昼までに作業を終了していただくようにお願いしてショールームに移動しました。

メルセデス・ベンツの最新の目玉商品はEクラスのクーペ。Sn3i0010
Sn3i0011あんまり興味がないので向かいのレクサスで時間つぶしをすることにしました。

レクサスはHS250hの登場で活気があります。Sn3i0014
HS250hは私のような冷やかしの客は少なくてほとんどのお客さんは買いにくるそうで、この店舗でもかなりの受注があったそうです。
試乗車も順番制で空いている時間はほとんどないとおっしゃっていました。
Sn3i0015適当な時間にヤナセに戻りました。

ちょうど作業が終了したところで、バッテリーの能力の低下が原因でのトラブルであり、メルセデス・ケアを適応して無償で新品のバッテリーに交換していただくことになりました。

完全に復活したAクラスで妻の職場に行き、ミニクーパーと交換してから仕事に戻りました。

安物でもベンツはベンツ、または腐ってもベンツ!ロードサービスも部品交換も修理も点検もすべて無料…本当のプレミアムを感じた一日でした。

« 頑張るガソリンスタンド | トップページ | 来賓 »

コメント

九州オフで御一緒した、札幌のおおしろです。
お久し振りです。
私のAも2年前に同様なことが起きました。
床下にあると、ケーブルが届きにくいのが難点です。ケアのうちで、良かったですね。
うちのAで5.5年も持ちましたので、ヨシとしております。

おおしろさん

3年のメルセデス・ケアはありがたいですね。
うちのA170Eはまだ276万円のときで、さらにかなりの値引きをしてもらったのでこれまでの点検・整備やブレーキパッド、バッテリーまで補償していただけたのはかなりのお買い得感を感じています。今ならメルセデスを選ばないと思うのでラッキーでした。
もうすぐ車検ですがケア中の車検になるので税金などの基本料金だけでいいそうでケアのありがたさはまだまだ続きます。
おおしろさんもケア中なので安心ですね。

>バッテリー

私の居る部署で一部、国内及び欧米の産業用バッテリーを扱っていますが国産は個々の製品品質の安定性はありますが、性能が悪いです。大きさに対しての容量も少ないし、サイズバリエーションも少ないですバッテリーの本場はアメリカでしょうね。(新興国で製造が多いですが)
欧米製は当たりはずれが多いが当れば抜群の性能を発揮します。

半年以内の初期不良率もアメリカ製は多いですが軍用に使ってるバッテリーなのに大丈夫?とも思います。日本向けだけ??

残念ながら自動車用は取引が無いので個人で買う場合は量販店かディーラーかな?

まこやんさん

どうもプジョーの印象か、ラテン系諸国の商品は信用できないのです。
フィアットグループのクルマにも関心はあるのですが購入に至らなかったのもそんなイメージが災いしているのかもしれません。
でも、プジョー206ccの部品はドイツ製のものが多かったので一概に決めつけるのはよくないですよね。
そうそう、日本製のクルマのリアウィンドウにはリコールシールだらけだし一長一短ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頑張るガソリンスタンド | トップページ | 来賓 »