フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 半沢直樹 | トップページ | 串かつ食べるぞっ! »

2013年8月21日 (水)

香芝市の駐輪(車)事情 2

香芝市の比較的マイナーな駅を見てきましたが、メインの近鉄大阪線をテーマにします。
Photo
写真をクリックして拡大して見て欲しいのですが、香芝市の宅地開発は近鉄大阪線に沿ってすざましいものがあります。
Photo_2
まずは関屋駅周辺です。大阪の奥座敷的存在で香芝で最も早く開発された地区で、バブルの頃の大阪の社長さんの豪邸が建ち並びます。
1
久しぶりに関屋駅に行くと立派なロータリーができていました。
2_2
榛原行き準急や五位堂行き普通電車が停車します。   

3

8_5
駅の北側、西名阪自動車道の向こう側に新興住宅が広がります。
4
南側は大阪樟蔭女子大学です。
8_2
駐輪場はロータリーの対面にあります。
5
香芝市は各駅統一料金です。
6
駅横に旧駐輪場があって屋根が無いので安めの料金を設定しています。
7
関屋駅前の駐車料金は1日400円程度でした。
9

続きまして現在進行形の新興住宅の中心地、二上駅です。
Photo_3
北口
2_4
南口
1_2
南口は高山台団地。
3_2
南口は定期のみの無人駐輪場です。
8_3

4_2
北口は旭ヶ丘団地があります。
5_2
黄色い建物が駐輪場。
6_2
整然とバイクと自転車が並べられています。
7_2
関屋駅から撮り鉄になってしまいました。
10
二上駅前の駐車料金は1日800円でした。
11

次は市役所や市民ホール、警察、消防署に近い近鉄下田駅です。
Photo_4
中央の赤い屋根はJR香芝駅です。
3
線路のクロス地点に駅を作ればいいのにといつも思います。
3_3
近鉄下田駅南口ロータリー。
2_5
踏切(地下道)を渡って北口。北口は古い民家が立ち並んでいたのにいつの間にか買収されて小奇麗なロータリーになっていました。
4_3
改札口は地下にあります。
5_3
北口から来る自転車はJR香芝駅の駐輪場に。
南から来る自転車は地下駐輪場があります。
6_3
駐車場はコインパーキングが南ロータリーにありますが…
7_3
周辺は市役所などの公共施設だらけでショッピングセンターもあるので適当にやってるのでしょう。

近鉄下田駅と五位堂駅の間に近鉄五位堂研修車庫があります。
1_3
五位堂は西大和ニュータウン、真美ヶ丘ニュータウン、西真美ニュータウンの玄関で、朝夕は快速急行が鶴橋からノンストップで20分で到着します。
Photo_5
王寺駅から西大和ニュータウン、真美ヶ丘ニュータウン経由のバスが運行されています。
2_6
ニュータウン方向の北ロータリー。
14
大型マンションと旧村の南口。
3_4
南口のすぐ横に民間の駐輪場があります。ここは香芝市営と同料金。
9_2
こちらは自転車のみで半年12,000円、1年20,000円。
17
南駐輪場の真ん前にパチンコ屋さんの無料駐輪場があるので訳が分かりません。

北口ロータリー駐輪場の前に、少々撮り鉄でお楽しみください。
4_4

5_4

6_4

7_4

8_4
その他、油断してたら五位堂駅を黄色い伊勢志摩ライナーが通過していきました。チクショ~!

市営の北駐輪場はかなり遠いです。
10_2 
この南隣に月極め定期専用の第2駐輪場があって、
11_2
突き当りの建物が五位堂駅です。
こんな遠いとこ私なら契約しませんが結構活用されていました。上品な人が多く住んでいるのですねぇ。
12
五位堂駅の駐車場はだいたいこんなものです。

香芝市の駐輪場は他の町と比べてかなり高いです。
15
西真美から近鉄五位堂研修車庫にかけて宅地開発をしていました。下田のJRとの立体交差から五位堂駅前の葛城自動車学校までの広い区域です。
16
JR五位堂駅の新設、志都美駅の新築、関屋駅と近鉄下田駅の改装、駐輪場の完全整備、新規道路の新設…と財政危機の中で公共投資が止まりません。
市長が変わっても動き出した土建屋対策は止まらないのですね。

高齢化でゴーストタウンのように活気のない関屋の高級住宅地、空き地だらけの二上周辺の新興住宅、志都美駅の新西口ロータリーのペンペン草…。全国の市で下から4番目にひどい財政赤字なのに無料のゴミ収集。中和幹線や国道168号線の拡幅工事などの道路事業負担…。
みんなの党から推薦を受けた市長さんが当選しましたが改革はこれからです。
9
ただ、下田にはキャデラックのSUVがデンと鎮座している旧村のお宅がありますし、
13
真美ヶ丘にはこんなのが平気に停まっているので納税が好きな市民が多いのかも知れません。そして、駐輪代が高いけど自転車で荒れた駅は一つもありませんから住民のモラルは高いです。

シリーズ終了

« 半沢直樹 | トップページ | 串かつ食べるぞっ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 半沢直樹 | トップページ | 串かつ食べるぞっ! »