フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« バイクのメーカー保証 | トップページ | 家電量販店での値切り方 »

2013年9月30日 (月)

堺県

かつて堺県が存在していたことをご存知ですか?
1
明治元年5月に、摂津・河内・和泉の三国は大阪府として発足しましたが、翌月には和泉国を分離して「堺県」(今は無い)が設置されました。
その後 明治4年に堺県は、さらに河内国14郡つまり淀川の南を取り込み大阪府よりも大きな県になりました。その上、明治9年には奈良県全部を統合してしまう事になります。

明治11年には、全国的に区郡制がしかれ、堺県下には、1区9郡が置かれました。1区は堺区でそこには区役所が置かれ、9郡は湊、岸和田、古市、八尾、枚方、奈良、三輪、御所、五条の各郡で、それぞれ郡役所が置かれたのです。奈良市は「堺県奈良郡」となりました。やはり、これには大分無理があったようで、明治14年になると堺県は全部廃止(堺は大鳥郡堺)となり、奈良もろとも大阪府に併合されます。
2
        (堺県庁があった本願寺堺別院)
次いで、明治20年11月には、奈良県が大阪府より分立され、奈良市は奈良県 添上郡 奈良町となります。奈良県は再び奈良県にもどったのです。
 
明治23年にほぼ現在の府県制、群制度が確定しますが、堺県は明治元年から14年まで存在していました。

最近、政治的に似たような状況になっています。

9
9月29日の堺市長選挙で廃藩置県直後の混乱と同じような状況になりました。
3
現職の竹山市長は自民、民主、共産などすべての党の代表となり現状維持を訴えました。
対する大阪維新の会公認の西林元市議は大阪都構想推進を訴えました。
4
数年間堺市民であった私は政令指定都市になるための生みの苦しみを知っていますが、堺市が独立して存在していることが市民にとっても日本国にとっても百害あって一利なしだと思っています。

竹山市長は泉州のお山の大将でいたいのでしょう。その下で各団体が自由に税金を使えるので居心地がいいのでしょう。
いずれにしろ市民サービスが希薄な堺市民にとって夢や希望がない日々が続くと思います。

思えば泉州と南河内で大阪維新の会が弱いので、奈良と一緒になった堺県と同様の状況になっているような気がします。
大和川以北の大阪都と堺県、いや奈良県に併合された泉州と南河内が政府にお金をもらって自治をすればいいと思います。どちらにしても堺は無くなるなぁ!

« バイクのメーカー保証 | トップページ | 家電量販店での値切り方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バイクのメーカー保証 | トップページ | 家電量販店での値切り方 »