フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« アピタ西大和店開業直後の混雑情報 | トップページ | Infiniti Q50 »

2013年10月13日 (日)

パドルシフト

家内のお伴でずっと外出中のミニクーパーですが、夕べは友人のクルマでカラオケに行ってたのでフラワーロードを走りに行きました。
Mini_mt1
気が向いたのでパドルシフトでのマニュアル運転を試みてみました。
アイシンの6ATは載ってるクルマによって賛否両論ですがミニクーパーのNAでは最高のパフォーマンスを発揮します。
Mini_mt3
大きなスピードメーターが特長のミニですが運転中の視線移動距離が大きいので見にくい!
でも、タコメーターにある液晶にスピードをデジタル表示させておけばOKなのでファッション的要素の強いメーターです。

Mini_mt4
通常はDレンジでAT走行をします。
Mini_mt6
パドルの親指Pushでシフトダウンしてエンジンブレーキを使うことができますが、一定時間の経過やシフトアップ、ダウンが必要になると自動でDに戻ります。
Mini_mt7
シフトレバーを左に倒すとまずはDSモードになります。
Mini_mt10
DSモードはDモードより高回転域を使用して加速やトルク重視でシフトアップしていくATです。
Mini_mt12
シフトレバーを前後することでマニュアル走行が可能です。ステアリングのパドルでも同じ操作ができます。この場合DSモードには戻らずシフトギア固定となります。
Mini_mt90
左右のパドルで+-となっているクルマが多いですがBMWミニは親指Pushでシフトダウン、人差し指Pullでシフトアップします。
Mini_mt92
信貴山フラワーロードでは勾配とコーナーのRに最適なギアを選択しているととても気持ちいい走りができます。
Mini_mt95
基本ATなのでMTでコントロールするよりも少々雑なシフト選択になってしまいます。
Mini_mt100
そこは仕方ないですが、最近流行りの7AT、8AT、9ATは機械用で人間が操作した方が遅くて低燃費になるのでしょうね。

写真が撮れるのは直線道路だけなので写真が面白くないと思いますが、ワインディングロードだとエンジンの高回転域を使って最高に楽しいドライブができますよ。

攻めるのをやめたらシフトレバーを右に倒してDレンジで運転したらすぐにイージードライブに戻ります。

« アピタ西大和店開業直後の混雑情報 | トップページ | Infiniti Q50 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アピタ西大和店開業直後の混雑情報 | トップページ | Infiniti Q50 »