フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« CAPS LOCK | トップページ | YERAに変えて… »

2013年10月23日 (水)

東京遠征と台風

子どもたちも大きくなりお好みのミュージシャンや団体を追って全国遠征するようになりました。
主催者側は早くから計画していてそれにファンが参加する訳ですが天候は予想できないので遠征するファンは大変です。
1
最近は毎週のように台風の心配が付きまといます。子どもたちは今週末、東京で開催されるイベントに参加しようと準備を進めていますが台風27号の行方が心配です。
2
日本付近に近付くと偏西風に押されて東に加速して進むのですが、まだゆらゆらと太平洋を彷徨っている状況なので毎日進路予報が変わります。
3
スケジュールは兄妹揃って土曜日の朝早い新幹線で東京に行き、イベントに参加してその晩の夜行バスで帰ってくるというもの。

4
公共交通機関は危険の可能性があると安全を優先してくれるのでその意味では心配はしていませんが「天災は忘れた頃にやってくる」ので油断は禁物です。
5
最近の大雨や強風の被害は“観測史上”とか“かつて経験したことがない”なんて行政とマスコミが組んで責任逃れに奔走しているので何が起こっても不思議じゃありません。
6
夜行バスで帰ってくるまで安心はできません。

10月16日に台風26号は関西には大きな影響はありませんでしたよ…と記事にしましたが、その後で伊豆大島を中心に関東各地で大きな災害になりました。

伊豆大島での災害では気象庁の警報システムと大島町長の判断にマスコミが批判していましたが、台風をずっと追ってきたマスコミは結果に対して批判するばかりで予防には全く貢献しませんでした。
大島町長は非難指示をしなかった理由を言い訳していましたが、総責任者の東京都知事はどうしたのでしょうか?

つい先日、オリンピック招致ではしゃいでいましたが都民でもある大島町民の被害には知らぬ存ぜぬなのでしょうか?

24区内の都民と都心の旅行者には配慮してくれてるみたいですがね。
地方よりマシですが同じ都民として八王子近辺の山間部や離島、神奈川県の方が近い町田近辺の防災と警戒が薄いように思います。

夜明けあたりから台風の渦の外の雨雲がかかって雨が降り出しました。
“想定外”なんて言わないで最悪を想定して防災に努めてくださいね。

« CAPS LOCK | トップページ | YERAに変えて… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CAPS LOCK | トップページ | YERAに変えて… »