フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 定点観測 | トップページ | ボディーコーティング »

2013年11月 1日 (金)

10月の燃費

10月は気候が良くてエアコンを使わない時が多いので例年燃費が良い月です。
93
MINI Cooperはほとんど家内が乗っています。
94
10月は795.5㎞走行してトータルの燃費は11.3㎞/L!
95
12㎞/Lは欲しいところですが、例年よりも暑かったのでエアコンを多用したのか、もうすぐ7万キロになるのでエンジンやバッテリーの点検が必要なのかも知れません。
96
給油リセットしなければこの程度なんでしょうかねぇ !?
来年の4月は3回目の車検なのできちんと整備してもらおうと思っています。

一方、A170は…

10月2日から5日まで車検でベネフルに預けていたので帰りにリセットしました。
91
それ以降1,008㎞走行して10.6㎞/L!
燃費はいいのですがちょっと走り過ぎで、異例のデータというところです。

A170はヤナセで整備していた時とベネフルで整備してからでは乗り方が変わりました。
ヤナセで整備してもらってた時は緊急でない整備は後回しにしてきました。だから整備士は余計なことはせずに必要な事項とオーダーされた事項だけやっていただきました。

ベネフルでは短期間に3度入庫して後回しにしてきた整備をやってもらいました。

1.足回りの修理
2.エンジンのオーバーホール
3.バッテリー交換

とにかくざっくばらんに相談しやすかったのと、悩み事を言うと依頼した作業終了後に“問題解決 ! 整備料サービス”というのもありました。
92
Aクラスに乗り続けるのが嫌になった“コトコト”と気になる異音の原因パーツを発見、交換して新車のときの静粛性に戻りました。

そして時々点灯する警告灯について伝えると、原因となることが多いエンジンのスラッジを除去していただいた結果、警告灯は点灯しなくなったと同時にエンジンのパワーが増しました。(回復した?)
代車がそうなっていたので、これまではギクシャクするので使わなかったATのスポーツモードを車検後は使っています。(上の写真…ATマークがSport、下の写真…ATマークがComfort)

スムーズな加速が得られるのでアクセルを余分に踏み込まなくなったように思います。エンジンのパワーとトルクが増しているので高回転シフトでもギクシャクしなくなりました。
そして、サスペンションが滑らかに動いているのがよく分かり運転していて気持ちよくなりました。

タイヤの空気圧を自分で調整するようになりました。

車検の返却時に「空気圧が低いですがウチは窒素を扱ってないので…」と言われ奈良のヤナセに走りました。考えたら窒素ガスだったので空気圧は滅多に行かない堺のヤナセに任せっきりでした。
メーカー既定値でお願いしていましたが、定員乗車の空気圧で調整していたようでひとりで走りを楽しみたい時にゴツゴツと跳ね気味で不快に感じていました。

ヤナセでタイヤ交換をすると窒素ガスを充填してきます。給油口に窒素ガスステッカー、タイヤキャップに窒素マークが入るので他の業者では整備してくれません。
ヤナセに行って普通のタイヤキャップをもらってきて、ベネフルで教えてもらったように窒素のまま空気を足す感じで自分で空気圧を調整してみました。
2~3名乗車基準の2気圧に調整してみました。恐らくヤナセとは0.5~1気圧違うので乗り心地が相当良くなりました。(5人乗車で底を打ったので、コマメな調整が必要でしょうが…!)

今、W169型 A170エレガンスに惚れ直しています。だからロングドライブの機会が増えて走行距離が多くなり燃費が良かったのかな !?

« 定点観測 | トップページ | ボディーコーティング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 定点観測 | トップページ | ボディーコーティング »