フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« Cクラス クーペ | トップページ | 日本のマスコミ »

2013年12月 5日 (木)

冬の省エネ

夏の節電は8月 ▲5%、9月 ▲9%と大成功でしたが、冬の節電を考えなければなりません。
我家はオール電化で石油系の暖房機がないので省エネといえば節電となります。
5
節・電気代は以前からやってました。
エコキュートのお湯が深夜電力以前に無くなって電気料金が高い時間帯に湯沸かしを開始してしまいます。
それを回避するためにわき上げ設定を満タン&深夜のみにします。
最悪の場合シャワーからお湯が出なくなるので我慢してもらうか、23時からわき上げを開始させて24時以降に入浴してもらっていました。
今シーズンもそれをやってもらいますが節電にはなりません。
1
まずはエアコンの設定温度からでしょうか !?
リモコン設定で冷房は28℃以上、暖房は20℃以下で「エコ運転」と表示されるのでそれを実践してみましょう。

しかし、補助暖房等がないと着衣の工夫だけではかなりキツイと思います。
1_2
昨年購入したコイズミのペンシル型カーボンヒーターが安くて良くできています。
消費電力は強600W、弱300Wで局地的な暖房に役に立ちます。電熱ヒーターって1,000Wとか2,000Wという印象がありましたがずいぶん省エネになったものです。

我家のリビングには床暖房が装備されているのですが昨年故障してしまいました。
施主さんに相談したらメーカーの人とか来てくれましたがフローリングを外さないと修理できないので、とりあえずホットカーペットで代用することにしました。

2
ホットカーペットはいろいろありますが先日、家内がいいのを選んできました。
家電量販店、ホームセンター、スーパーを何軒もまわって選んできたのが1.5畳タイプの昨年のモデルを安く買ってきました。
消費電力は通電時で400Wで温度調節で入切します。また、6時間OFFタイマー付きなので眠ってしまっても安心です。

これらを使い分けて節電できたらいいと思いますが、あくまで私の目の届く範囲だけ。
それぞれの部屋や外出中はコントロールできません。
夏はうまくいきましたが冬はどうでしょうかね?

そして1年中役に立つのがサーキュレーター!
3
どこにでも安価で販売している商品ですが空気の対流は省エネの観点から大事で有用なグッズです。
4
暖まり過ぎ、冷え過ぎになるような温度にはしませんが、部屋の中で活動するのなら一部だけ暑かったり寒かったりしても非効率です。
部屋中が早く一定温度になればサーモスタットが効いて冷暖房機が稼働しない時間が増えると思います。

そしてシャワートワレの便座ヒーター。
8_2
1Fのウォシュレットはエコナビの節電型なのでいいのですが、2Fのトイレは使う時間が限られているし使用頻度が低いのです。
そこで便座カバーを使ってヒーターをoffにしています。
6_3
カバーも何種類か手に入れてどれがいいか試用しています。
7_2
3タイプで使っていますがどのタイプも洗濯できるのでマット交換のときに便座カバーも交換していっしょに洗っています。
寒くなっても今のところおしりが冷たくて不快に感じたことはありません。

後、リビングに夏の掛け布団やブランケットをいつでも使える場所に置いておくと特段のエネルギーを使わなくても十分快適に過ごせるようになったりします。

夏場は健闘していた電力使用量は気候が良かった10月が昨年並み、寒暖の差が激しい11月は昨年の使用量をオーバーしてしまいました。

いろいろ工夫して冬の省エネにも取り組んでいきたいと思います。

« Cクラス クーペ | トップページ | 日本のマスコミ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Cクラス クーペ | トップページ | 日本のマスコミ »