フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 冬の節電 | トップページ | 空き時間は有意義にリスニング »

2013年12月28日 (土)

メルセデス・ベンツが止まらない

Bクラスから始まったメルセデスの新車攻撃!
(ホンダには負けますが…)
B_3
同じプラットフォームでスポーティな新型AクラスとエレガントなCLAクラス。
A

La_2
来年にはSUVのGLAクラスも出しちゃうらしい。
Gla
先だってはEクラスのマイナーチェンジと新型Sクラスも発売しました。

S
期待されるのがCLAクラスの登場で新しい土俵で活躍できるようになった新型Cクラスの動向です。
1_2
ちょっとたじたじとなっているようなBMWを横目にどんどん前に進みます。
2_2
Eクラスに負けないくらい立派でグラマラスなデザイン。
3_2
内装のイメージもこの辺りからリスタートという印象を感じます。
4_2
ワイドになってリアシートもゆったり…かな?
5_2
Eクラスと競合しても仕方がないのでCLAとEの間でうまくバランスされてるのでしょうね !?

BMWも追ってくるらしいので廉価版のFF、ハイソやマニア向けのFRと色づけがはっきりしてくるのでしょう。

« 冬の節電 | トップページ | 空き時間は有意義にリスニング »

コメント

最近のMBで嫌な所

ナビ画面が無理やり付けた感がある(インテリアが台無し)今度のCも画面にがっかり。

Aクラス兄弟の乗り心地&乗り味が変わってしまって以前のMBらしさが無くなった気がします。

それ以外は良いのですが。

まこやんさん
インパネに液晶ディスプレイを付けて官学民が共闘してカーナビゲーションなるものを普及させようとしたのは日本(人)ですよね。
そんな国民に妥協して合わせてくれているのが欧州各メーカーでしょう !?
ナビありきで付加価値で儲けようというデザインを提供したのがスバルでレガシーなどが出たころCD/ラジオが装着されたデザインを想像して興ざめしたものです。
欧州のデザイナーも嫌なのでしょうがニーズとしている輸出国があるので最高に妥協したのがBMWやVWのデザイナーが考えた取って付けたディスプレイなのでしょう。
ラテン系メーカーのように「そんなん知らん」と設計してくれたらいいのに…。
日本政府が規制緩和してフロントガラスに吸盤で固定することを認めればいいのです…と法隆寺は考えます。
悪いのは厚生労働省の官僚とナビで儲けようとするパイオニアなど日本の電装メーカーだと思います。政治家にもお金が行ってるのでしょうね !?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の節電 | トップページ | 空き時間は有意義にリスニング »