フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« MINIのエンジンチェック | トップページ | ジャパネットのテレビ台の有効活用 »

2013年12月20日 (金)

冬のドラマ

3ヶ月間楽しませてくれた連続ドラマたちが最終回を迎えつつあります。
Love
本当にLOVEだった「東京バンドワゴン」。
Love11
CMも全部見るからLIVEで見たいと思わせる内容でした。
Love2
現実離れだらけですが現状を映し出したり風刺したりするストーリーもドラマですが、こんな訳ありだらけの人々が家族として善意で生きてゆくというのもいいじゃないですか。

同じくCM見てもLIVEで見たいドラマに相棒12があります。
12
春までずっと続きますが何年経っても面白い。再放送も見てしまいます。

CMはありませんが八重の桜も春から日曜日の8時から欠かさず見ていました。
1
竜馬伝の裏のストーリー。歴史が被りながら2年越しで勝者側、敗者側の物語が展開されて面白かったです。
大河ドラマは伊達正宗、坂本竜馬に続いて3つ目でしたが日本のマスコミが明治時代から偽善で腐っていたことがよくわかりました。

録画して1週間以内に必ず見たのがダンダリン。
Photo
ドクターX。
X
リーガル・ハイ。
2
堺雅人が半沢直樹の後どのように演技するのかと思ったら…
2_1
お見事!
セリフ覚えるのが大変だったでしょうね。これでニヤケ俳優卒業です。

録画が溜まったのは海の上の診療所。
Photo_2
出演者が好きでした。

普通だったら見ないのでしょうが、主題曲の関係で都市伝説の女も見ていました。
Photo_3
これが最高でした。
Perfume_2
Sweet Refrain !

後は放映初期に見ない宣言したり、家内が「あんた向きじゃない」という判断で見ませんでした。
近年の特長としてCMの内容が面白いですね。

« MINIのエンジンチェック | トップページ | ジャパネットのテレビ台の有効活用 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MINIのエンジンチェック | トップページ | ジャパネットのテレビ台の有効活用 »