フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« radika | トップページ | 備えあれば憂いなし »

2013年12月11日 (水)

加湿器の効用

両親の部屋に加湿器を設置して1週間が経ち顕著な効果がありましたのでレポートします。
7
コストベネフィットを考えて超音波式を選択したのですが、後で調べると結露と雑菌のばら撒きの恐れがあるとの情報があったので注意して使っています。
13
使用前後を比較すると症状として親父のクシャミと乾燥肌がずいぶん軽減されました。母は部屋が暑いと、外に出て外気を深呼吸していましたが今はずっと部屋で過ごせるようになりました。
14
実際、時計の湿度計はエアコンを使いっぱなしだと20%を切ってしまいますが、加湿器を使用するとすぐに40%を越えます。

結局、両親の冬の苦痛は乾燥からくるものだったようです。

超音波式以外のメカニズムによる加湿器のコストパフォーマンスを考えてみましょう。(Amazon.co.jpの価格です)
8
ハイブリッド式は妥当な価格で雑菌ばら撒きのリスクが少なくていいと思いますが、スチームを使う際の電気代が問題です。
10
気化式は効率を上げようとすると高価になります。価格.comの気化式加湿器、人気No.1だったPanasonic製品は高付加価値でナノイー搭載と10年間お手入れ不要を謳っていますがPanasonicの“10年間お手入れ不要”は眉唾ものです。
11
スチーム式は維持費が問題。
12
私として合理性があるのは加湿空気清浄機なのですが、空気清浄機がある場合は安価な超音波式で十分だという結論に達しました。

① 水は少しずつ入れて頻回チェックをする。
② 抗菌フィルター(1,000円程度)は乾燥に注意するのは冬季だけなので年に1回交換する。
③ ミストは必要最低限に調節する。
④ 定期的に洗浄後、機械全体を乾燥させて除菌する。
16

15
当面、この方法で手間を惜しまず安全に安く乾燥対策を続けていこうと思います。

また発見があればレポートします。

« radika | トップページ | 備えあれば憂いなし »

コメント

事務所ではステリ・プロを使っています。超音波式はおっしゃるように雑菌等のリスクがあります。

http://www.elemic.co.jp/products_elemic/elemic_spro.html


自宅ではナノイーの気化式を使ってますが音がうるさいのでお休みモードで使う場合が多いです。
音に関しては失敗しました。

まこやんさん
安価な超音波式で細菌が繁殖したら最悪ですが週2回の乾燥日と1日分以上水を入れないことで問題ないと思っています。
あと、浄水は雑菌繁殖の素で適度な塩素で殺菌している水道水がいいとあったので取説通りに使っています。
本人たちが一番効果を感じているようで水がなくなるとすぐに追加して欲しいと要求されます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« radika | トップページ | 備えあれば憂いなし »