フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 冬のドラマ | トップページ | フェラーリの走行会 »

2013年12月21日 (土)

ジャパネットのテレビ台の有効活用

先日から音に関して“安く便利にいい音を…”をテーマにちょこちょこ無駄遣いしつつ工夫しています。
R56_22
MINIもAクラスも純正スピーカーが良い(特にベンツ)のでメディアをどうつないでやるかが勝負です。
2
現在、CDやラジオは使わずにiPhoneをBluetoothプレイヤーでAUX端子からつないでミュージック プレイヤーやradikoで聞いています。4_2
家でも良い音で聴きたい…でも昔のような高級オーディオは不要なので2種類のスピーカーを使い分けてきました。

8
オーディオテクニカのモバイルスピーカーは安価で音が良いので好んで使っていましたが親父にあげました。
Revoltes10
代わりに購入したのがBluetoothスピーカー。中音域がしっかりしていてのんびり音楽やラジオを聞くには良いのですがしっかり聴きたいときは物足りない。
寝室にもう一台オーディオテクニカを買ってきました。

そこで思い出したのがジャパネットのテレビ台。
5
お気に入りのドラマや映画を見るとき、LIVE DVDを見るときなんかで活躍しているんですよ。
1_2
サブウーファーとセンタースピーカーが付いているので中央の音がしっかりしていて重低音が迫力のあるサウンドを演出しています。2_2
4系統の入力端子がありますが入力1はテレビから光デジタル、入力3にピン-ステレオミニプラグをつなぎステレオミニ延長コードでソファーまで伸ばすようにしました。
3
4_3
PCやモバイルのヘッドフォンジャックにつなぐとかなり深みのある高級な音が鳴ります。
MOVIEサラウンドモードだと私好みの音になります。

今はPCにつないでiTunesでSmoothJazzを聞きながら書いています。iTunesのイコライザはJAZZです。
高音、中音、低音のバランスが良くて心地良い音色です。

地デジ化のときにジャパネットのセット販売でテレビを買われた方も多いと思いますが今一度アンプの電源を入れてみましょう。

« 冬のドラマ | トップページ | フェラーリの走行会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬のドラマ | トップページ | フェラーリの走行会 »