フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« モリ娘。 | トップページ | 我家のテレビ »

2014年1月25日 (土)

輸入車所有の覚悟

うちのA170は1~2年前から気温の低い冬場にドアロックが不安定になります。
1
不快感を軽減したくてオートマチックドアロックが作動しないように設定しています。
2
信号待ちなどでドアのコントロールボタンでロック、アンロックを繰り返してやると作動が落ち着いてきます。
3
目的地に到着するまで不便や不快な場面が全くないのですが、
4
気温が低くて走行距離が短いとリモコンでドアロックする時に運転席のロックレバーが暴れます。
5

今日は暖かかったからか何のトラブルもないように“カシャッ”と気持ちよくロックしました。6
これが冷蔵庫以下の気温の中、数キロ走行しただけでリモコンでロックしようとすると運転席のドアロックが“ガチャガチャ”と暴れ、数回その作業を続けます。そして後席はロックボタンは素直に下がりますがドアがロックされません。
再度、リモコンを開閉すると何事もなかったの如く正常に作動します。
7
今日は10℃以上の気温だったからか不快な症状は全くありませんでした。

Benefullさんのブログでもこの症状が取り上げられています。
8
整備性の悪いW169の修理は困難を極め、部品のアッセンブル交換となり部品代が高いので1ドア5万円程度かかるそうです。
9
リアのドアがロックしていないときがあるので2枚で10万円。
10
動かないとかどうやってもロックしないなど、どうしようもない状況にならない限り、季節性のトラブルだと信じて春を待つことにします。

ドイツ車を長く所有するということは本質の満足感が長期に得られる半面、小さなトラブルは我慢しなさい(に大金を投じなさい)ということなんですね。

« モリ娘。 | トップページ | 我家のテレビ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モリ娘。 | トップページ | 我家のテレビ »