フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« ラジオ番組 | トップページ | フォード・フィエスタ »

2014年1月18日 (土)

ABC派? MBS派?

職業によるのだと思いますが、工場の作業員や商店の従業員、営業マンなどは日常的にラジオを聞く方が多いのではないのでしょうか !?
番組によってチューニングする方は少数派で朝聞いていた放送局を夕方まで聞いているというパターンが多数だと思います。Abcmbs1
ラジオといっても電波だけでもAM、FM、短波放送、それにインターネット放送を加えると無数の放送局があります。

音楽好きならばFMの放送局をチューニングするのでしょうが一般的にはバラエティ番組の宝庫でLISTENしなくてもいいAMラジオが一般的だと思います。

私の知っている限り、大阪ではABC派とMBS派に分かれていると思います。
それも朝の8時に何を聞いているかで決まってくるのではないでしょうか?
Abcmbs2
ABC放送では“おはようパーソナリティ道上洋三です”、先代の中村鋭一から虎キチ(阪神タイガースファン)の聖地のような存在です。
Abcmbs3
一方、MBS放送は“ありがとう浜村淳です”、特に8時~9時は本日の新聞からのニュースなどの時事問題、エンタメ、その他浜村式の語りで分かりやすく面白く話し続けます。

道上か浜村かで一日、毎日、毎週、年中が決まる方が多いのではないでしょうか !?

道上洋三、浜村淳の番組の後は局アナ対決です。
Abcmbs4
ABCはテレビの「おはよう朝日です」で見たことがある三代澤アナ。
Abcmbs5
MBSは隣のお兄ちゃん、上泉アナ。

ここが嫌われると放送局を変えられるかラジオを切られてしまいます。
そしてランチタイムの番組で聴取者をGetすれば夕方までずっと聞いてもらえます。
Abcmbs6
ABCは日替わりパーソナリティ、MBSは近藤光史さんと日替わりゲスト。
Abcmbs7
そして5時半くらいから野球中継(どちらも阪神タイガース)になります。

工場にしても商店にしても営業車にしても寂しいので聴くまでもなくかかっています。
例えば私はMBS、息子はABC、散髪屋さんもABCという具合です。

幼児・学生体験も大きなファクターでしょう !?

親父が虎キチなので子どものころ、朝起きると“おはようパーソナリティ中村鋭一です”が聞こえる中で登校していました。
中村鋭一さんが国政選挙に立候補することになり道上洋三にバトンタッチしました。
中村さんは賑やかでしたが道上さんはどうも語りが暗い(私見)。

家庭の朝はラジオからテレビになりました。(おはよう朝日です…乾龍介→宮根誠司)

後、受験勉強の友が“ヤングリクエスト”か“ヤングタウン”か?、その後はラジオ大阪で“オールナイトニッポン”の「鶴光でおまっ!」に変えるのですが…。ヤンリクはおとなしくて標準語の音楽番組、ヤンタンは芸人とアナウンサーのワイワイバラエティ番組。

芸人は現在はビッグなタレントになり、アナウンサーは定年を越えてフリーでマスコミ出演している人が多いです。
斎藤努、角純一、近藤光史、上泉雄一などがパーソナリティをしていてコンちゃんはその時からのファンが多いと思います。
Abcmbs8
私は通勤の車内での“ありがとう浜村淳です”が楽しみでした。その流れでMBS派、息子は入社して同行した上司がABC派、いっしょに聞いていたのでそのままABC派を引き継いだようです。

テレビの報道番組が嫌いになったので8時~16 or 17時ぐらいまでMBSがかかっています。
特にヤンタンから馴染みのある“こんちわコンちゃん お昼ですよ !”が大好きです。
最近は、金曜日のコンちゃんに続く「嘉門達夫のどんなんやねん!」、日曜日夜の角淳一の「おとなの駄菓子屋」、火曜日夜の「ヤマヒロのぴかいちラジオ」も録音したりヘッドフォンで聴いています。

予定調和のテレビ番組より本音とハプニングのラジオ番組がいいです。

« ラジオ番組 | トップページ | フォード・フィエスタ »

コメント

社用車はMBS固定状態です。
浜村淳は仕事を始めた頃から聴いています。

転勤で電波が入らない地域では一日の調子が悪かったです(笑)

まこやんさん
私はradikoしか使わなくなったのでMBSはどこまでがエリアなんでしょうねぇ?
大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山の6府県だけでしょうね。
岡山、鳥取以西と四国はGPSで位置確認して絶対に聞けなくされてしまうのでしょうねぇ?
また教えてください。
私は三重県がどうなのか実地検分しにひとっ走りしてきます。

ラジコは放送大学とラジオニッカンしか入りません(≧∇≦)使えません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラジオ番組 | トップページ | フォード・フィエスタ »