フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 政治をチェックするマスコミをチェックする | トップページ | 新型トルネオ ジャパネットモデル »

2014年2月28日 (金)

HID

ヘッドライトにはこだわりがありました。
Hid1
運転免許を取得したころのヘッドランプはシールドビーム式が当たり前で、ハロゲンランプが出現したころだと思います。
ハロゲンランプは画期的でどうしても欲しい装備でした。家のクルマ、初めて自分で買ったクルマは暗いランプだったと思いますが、自分が買った2台目のクルマからハロゲンになったと思います。
Hid8
世の中は進化していますがマイカーはハロゲンランプのままで全く進化していません。

私が同時に所有したクルマは最大で3台でした。
Hid6
ヴォクシーとプリウス、
Hid4
そして会社のティーダラティオを管理させられました。
Hid5
3台ともハロゲンランプで1台でも明るいHIDにすると他の2台が暗くて夜間に乗れなくなるのではないかと心配しました。
また、対向車がHID車で信号待ちで消灯するクセのある運転手が発進で点灯する際の“パッ”と点灯するさまが不快で、ポリシーとしてハロゲンランプのクルマに乗っていました。
Hid2
その後、ティーダラティオは返却、ヴォクシーはA170に、プリウスはプジョー206ccを経てミニクーパーになりました。すべてハロゲンで自分では不自由だと思っていません。
Hid3
たまに息子に運転させると「暗い」というのでフォグを点灯して光量を増やします。
Hid7
先日、息子の仕事の段取りで会社のカローラフィルダーを運転して帰ってきました。朝早くから奈良から得意先を訪問します。

前進は大丈夫ですが車庫入れはお手伝いしてやります。コックピットに収まるとヘッドライトがとても明るい!うちのクルマは運転しないのは輸入車であることが一番と思いますが、夜に不便を感じることも理由のひとつなのでしょうね。AもMINIも長く乗ったので次のクルマからHIDやLEDランプのクルマにしようと思います。

これまでのマイカーで10万キロ越えのクルマはありましたが、3回も車検を受けたクルマは初めてです。
壊れて次のクルマに変えるまでこのままハロゲンのままでいきます。

« 政治をチェックするマスコミをチェックする | トップページ | 新型トルネオ ジャパネットモデル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治をチェックするマスコミをチェックする | トップページ | 新型トルネオ ジャパネットモデル »