フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 続・2014年JRダイヤ改正 | トップページ | ベンツは自然治癒する !? »

2014年2月17日 (月)

懐かしの阪和線

幼少期の思いでの中で大きな位置を占めるのが電車。

この駅から、
Photo
こんな電車に乗って、
2012
とりあえず天王寺駅に行きました。
4
その当時、その路線の優等列車は国鉄なのに「快速」ではなくて「直行」と呼ばれていて湘南型電車が担っていました。
1
「各停」の床は油引きで、この電車が「直行」としてやってくるとクロスシートじゃないのでガッカリしました。
2011

Photo_2
天王寺駅は地上に紀勢本線のディーゼル車の急行や特急と阪和線。
13
地下に大阪環状線と関西本線、
4_2
関西本線は未電化だったのでディーゼル車で、ホームと列車に大きな段差があったのが不思議でした。

そして天下茶屋行きの南海電車のホームがありました。
1_2

2
その後、高校への通学時に新型車両(103系など)への入れ替えがありましたが、今なら新聞記事になるような誤停止が日常茶飯事でした。
33

当時の阪和線は鉄道の博物館と呼ばれ、新旧、各線、色違いの車両が使われていました。
12

27

16

15

21_2

18
今ではそんなに混まない大和路線と比べて通学で阪和線を活用していたときは、超満員で天王寺駅に近づくと下り電車が出発してホームが空くまで停車していた苦痛が忘れられません。
3_2
関空・紀州路快速や特急が環状線経由で大阪や新大阪まで行けるようになったので入線待ちの苦痛は少しはマシになったのかな?4_3

« 続・2014年JRダイヤ改正 | トップページ | ベンツは自然治癒する !? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・2014年JRダイヤ改正 | トップページ | ベンツは自然治癒する !? »