フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« できるのに!(BMW4シリーズ グランクーペ) | トップページ | EV »

2014年2月10日 (月)

大阪環状線の実験

大阪環状線の国鉄時代の車両の引退と新型車両投入に向けての実験が行なわれます。
Photo
JR西日本のアーバンネットワークでは基本的に普通電車が4枚ドア、快速電車が3枚ドアの車両が中心となり運行されています。
ホームには写真のように4枚ドアは○印、3枚ドアは△印が乗車位置となります。

Photo_2
外回り京橋方面

Photo_3
内回り西九条方面

2月21日~25日の大阪駅発が8時前後発着一定時間の車両すべてを3枚ドアの快速車両の221系と223系と225系で運行します。その時間帯は4枚ドアの103系と201系のオレンジの環状線車両は営業運航されないということになります。
1
103系

2
201系

具体的には17日(月)、18日(火)は外回りのみ約30分間。

1_2

3
221系

19日(水)、20日(木)は内回りのみ約30分間。

2_2

4
223系

17日(金)は外回り、内回り共約15分間が快速車両のみの運行となります。

3_2

5_2
225系

社会的要求であるホーム柵の導入や列車の高級化による快適性の向上、停車時間の変化など、高度経済成長期と異なる価値観の中での鉄道車両を新設するための重要な実験となります。

3枚ドアの車両には女性専用車両がないのでクレームも殺到するでしょうね。

« できるのに!(BMW4シリーズ グランクーペ) | トップページ | EV »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« できるのに!(BMW4シリーズ グランクーペ) | トップページ | EV »