フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« Ferrari CaliforniaT | トップページ | F1中国グランプリ »

2014年4月20日 (日)

最終モデルか? FF用BMW、PSA共用エンジン

プジョーRCZ R
Rcz1
1.6L直噴ターボエンジンで出力は270馬力。
Rcz2
我家のMINIと同じエンジンの最終チューンアップ版となるかもしれません。
Rcz8
うちのMINIは120馬力。同じユニットでよくもここまでチューンアップできるものだなあと驚かされます。
Rcz3
プジョーといえばCCでしたがこんな安価なクーペがあってもいいですよね。
Rcz6
このエンジンを新車に使えるのはあと2年程だそうです。

BMWもPSAも次期エンジンを開発済みですでに市販しています。
1
PSAは1.2L 3気筒エンジン。
2
まだNAの82馬力モデルだけで大型車やスポーティ車には1.6Lのターボエンジンが必要です。
1_2
プジョーもシトロエンも新しいモデルのATはフィアットのような慣れるまで違和感を感じる5速セミオートマチックになりました。
2_2

BMWは新型ミニに新しいエンジンを搭載してきました。
1_3
ミニクーパーは1.5L 3気筒ターボ、ミニクーパーSは2.0L 4気筒ターボ。
2_3
BMWの新エンジンは最近のヨーロッパ車で主流になりつつあるダウンサイジングエンジンにターボチャージャーで過給してエコとパワーを両立しようとするエンジンです。
1シリンダー500ccで6気筒にしたり、FF車にもFR車にも両方搭載できるような画期的なエンジンユニットだそうです。

BMWとPSAで活躍した4気筒1.6Lエンジンは新型ミニの登場でBMWは引退、プジョー、シトロエンではもう少し使われるようです。
良いエンジンですがエコロジーの時代に合わなくなってきているようです。

« Ferrari CaliforniaT | トップページ | F1中国グランプリ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Ferrari CaliforniaT | トップページ | F1中国グランプリ »