フォト

カウンター


無料ブログはココログ

« 欧州のエココンパクト(イタリア編) | トップページ | 欧州のエココンパクト(ドイツ編) »

2014年4月26日 (土)

欧州のエココンパクト(フランス編)

ルノー ルーテシア(現地名クリオ)。
1
日本に輸入されていたのは旧態依然としていた極ガソリンエンジンのみでしたが1.2Lの直4ターボエンジンに6速デュアルトランスミッションを搭載した最新のダウンサイジングエンジンのエコカーです。
6
新しいルノーの顔が一番似合うクルマです。
2
海外では日産ジュークが大人気らしいですが、同じDNAを持つ若干おとなしい個性派として日本で走らせるにはインテリジェンスが感じられませんか?
3

全長4,095×全幅1,750×全高1,445mmの普通のコンパクトですがなかなかの乗り心地です。
4
鉄チンを履いた最下位モデルのアクティフを試乗させてもらいましたが、200万円で上位モデルとそう遜色ない装備でお買得商品でした。
5
17インチの上級モデルと比べて16インチタイヤなので却って乗り心地が良いと思いました。
7
フランスの元国営企業の大衆車。
8
なかなかのセンスだと思います。
9
アクティフはリアの窓は手動開閉でした。フィアット パンダもそうでしたがあまり開閉しない後席の窓は手動でもいいのかも知れません。少なくとも安全装備を省いてコストダウンするよりよほど良心的です。
12
1.2L直4ターボエンジン+6速ツインクラッチトランスミッションは近年のヨーロッパのエコカーのトレンド。
11
リアカーゴがフラットにならないのは残念です。
10
バカンスの国なのでもう一工夫欲しいですね。

« 欧州のエココンパクト(イタリア編) | トップページ | 欧州のエココンパクト(ドイツ編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧州のエココンパクト(イタリア編) | トップページ | 欧州のエココンパクト(ドイツ編) »